Card image cap

Recent News
  • 劣モジュラ関数を用いた最適化に関する論文 (主著:植松直哉さん (阪大))「An efficient branch-and-cut and heuristic algorithms for submodular function maximization」がJournal of the Operations Research Society of Japanに採録されました (2019.8.5)。
  • 2019 International Joint Conference on Neural Networks (IJCNN'19)での発表論文「Learning with coherence patters in multivariate time-series data via dynamic mode decomposition」(主著:尾藤岳仁さん (投稿時、阪大修士学生)) が Best Student Paper Awardを受賞しました (2019.7.18)。
  • 河原教授がInternational Journal of Mathematics for Industrial (World Scientific)のSubject Editorに就任しました (2019.7.17)。
  • 事務補佐員(九大IMI)として、高橋友紀子さんがメンバーに加わりました (2019.7.16)。
  • 劣モジュラ関数を用いた最適化に関する論文 (主著:植松直哉さん (阪大))「An Efficient Branch-and-Cut Algorithm for Approximately Submodular Function Maximization」が 2019 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC)に採録されました (2019.5.15)。
  • Neural Networksに採録された動的モード分解に関する論文「Dynamic mode decomposition with vector-valued reproducing kernels for extracting dynamical structures among observables」が閲覧可能になりました (2019.5.30)。
  • 深層学習の解釈支援に関する論文(主著:安藤雅行さん (滋賀県立大))「テキストベースの深層学習における分類パターンの解釈支援」が知能と情報(日本知能情報ファジィ学会誌)に採録されました (2019.5.17)。
  • ホームページ(暫定版)を開設しました (2019.5.17)。
  • 劣モジュラ関数を用いた構造正則化学習に関する論文(主著:竹内孝さん (NTT CS研))「Variational inference of penalized regression with submodular functions」が 35th Conf. on Uncertainty in Artificial Intelligence (UAI'19)に採録されました (2019.5.15)。
  • 動的モード分解に関する論文(主著:藤井慶輔さん (名大))「Dynamic mode decomposition with vector-valued reproducing kernels for extracting dynamical structures among observables」が Neural Networks (Elsevier, IF: 7.179) に採録されました (2019.4.26)。
  • 九州大学マス・フォア・インダストリ研究所に着任しました (2019.4.1)。
Announcements
講演、セミナー、研究会など


Copyright © 2019 · All Rights Reserved · Kawahara Lab.